0120-972-001

キャンセル

発信

相続手続き・登記手続き等、お気軽にご相談ください

しもがわら司法書士事務所

無料相談受付中
0120-972-001

お問い合わせ・無料相談/平日9:00〜19:00受付

相続・遺言の
無料相談はコチラ

相続手続き

相続手続きとは

亡くなられた方の銀行や郵便局等のご預金・定期証書等の相続・ご解約手続きや株式有価証券・投資信託等の相続手続き(売却手続き含む)・年金手続き・保険金のご請求手続など遺産に関する全般の相続に関する手続きを当事務所で承らせて頂きます。
また、その際にまとめて相続手続きが取れるよう相続人間でどの財産(遺産)を誰に、どれだけ、相続させるかを決める事が出来る遺産分割協議書の文案作成・検討などにつきましても承らせて頂いております。

主な相続手続き
  • 銀行・郵便局のご預金・定期証書の解約手続き
  • 株式・有価証券・投資信託の相続・売却手続き
  • 遺産分割協議書案の作成・手続きサポート
  • その他遺産全般の相続手続き

自分で手続きをやるとこんなに大変です

相続手続きで、まず始めにすることは…
『どの人が相続人か?』『相続する財産はどれだけあるか?』『ローンや債務などはないか?』『遺言書はあるか?』等、始めからやることが盛沢山です。また手続きによって必要書類は異なり複雑で、役所などに何度も足を運ぶ必要があります。
ご自身で手続きをされるには、それなりの知識・時間・根気強さが必要になってきます。

例えば銀行等の金融機関の預貯金口座については名義人の方がお亡くなりになり死亡届を金融機関に提出するとお金を引出しすることが出来なくなってしまい相続による払い戻し手続きをするまでお金を引き出せません。
不動産についても相続人様名義への名義変更(相続登記)をせず放置をしておくと、また新たな相続等が発生することにより登記手続きが複雑化してしまいます。
早期の手続きをすることをお勧めします。

遺産相続の名義変更

不動産や、預金口座等の名義人がお亡くなりになった場合に相続人様名義へ名義変更等をする必要が出てきます。
また、相続人様同士での協議(遺産分割協議)により法定で定められた相続分とは異なった形での相続名義変更も可能になります。

【1】預貯金口座等

銀行等の預貯金口座の名義人がお亡くなりになり、銀行等へ死亡届を提出するとその預貯金口座自体が凍結してしまいお金を引き出せなくなってしまいます。この時、相続人様へお金を払い戻しする手続きをする必要があります。
特に複数の金融機関等の口座をお持ちだった場合、各金融機関により手続きや必要書類が異なる場合が多く手続きが面倒な事も多々見受けられます。この手続きについても当事務所でさせて頂きます。

【2】株式・有価証券・簡易保険その他遺産等

お亡くなりになった方の所有していた株やゆうちょ銀行等の簡易保険、その他、相続財産についても相続人様への名義変更をする必要が出てきます。それらの手続きについても当事務所でさせて頂きます。

【3】不動産(ご自宅、土地や建物、マンション等)

不動産の所有者(名義人)がお亡くなりになった場合に相続が発生し、相続人様へ名義変更をする手続きの事を相続登記と言います。
この相続登記はご自分だけで行うと、必要書類が多岐にわたり、また書類の作成や手続きも煩雑で面倒な手続きであるためご依頼に至ったお客様も数多くいらっしゃいます。これらの手続きを当事務所でさせて頂きます。

相続登記について

相続手続きの流れ

STEP1

まずは、当事務所へ電話やメール等でお問い合わせして頂き、
相談日時のご希望をお伝えください。

ご不明な点は電話等でもお気軽にお問い合わせください。

STEP2

相続の内容の相続・確認・手続きの流れ・費用等の説明をさせて頂きます。

当事務所へご来所頂くか、ご来所頂けないご事情等のある方は
こちらから伺わせて(出張相談)頂きます。

STEP3

相続手続きに必要な書類を当事務所で作成し、相続人様に署名・捺印させて頂きます。

書類をもって当事務所で相続の名義書換えの手続きや払い戻しの
手続きの申請手続きをしていきます。

STEP4

手続き完了です。

法務局や銀行等の審査終了後、名義変更完了書類等をお渡しし、
また、預貯金等については相続人様名義の通帳講座へ振り込み等を致します。

必要書類

  • ①. 被相続人(お亡くなりになった方)の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍・改製原戸籍等)一式
  • ②. 相続人全員の戸籍謄本(抄本)
  • ③. 不動産を相続される方の住民票
  • ④. 相続人全員の印鑑証明書
  • ⑤. 不動産の固定資産評価証明書(不動産の名義書換えの時)
  • ⑥. 被相続人(お亡くなりになった方の)戸籍の附票、又は住民票の除票(本籍記載省略していないもの)
  • ⑦. 遺産分割協議証書(相続人全員の実印を押印させて頂きます)

※この他、不動産以外の相続遺産については別途手続きに必要な申請書等が必要になる場合がございます。